• バイオマス利活用
  • バイオマス利活用事業関連
  • バイオマスに関する基本情報
  • バイオマスパンフレット
  • バイオマス参考資料
  • リンク(バイオマスの活用の推進)
  • JARUS-XIVR型

    -従来のⅩⅣG型よりも改築費用と維持管理費を低減した処理方式-
    JARUS-ⅩⅣR型


     本処理方式は、これまでのⅩⅣG型の持つ特徴を生かしつつ、切替改築を主眼に開発された処理方式であり、平成24年5月に国土交通大臣の認定を取得しました。
     更に、平成27年7月に処理対象人口を10,000人に拡大して大臣認定を再取得しました。この際に設計地の幅を一部変更しており、今後はこの新しいJARUS-ⅩⅣR型の適用を行うことといたします。
    JARUS-ⅩⅣR型のカタログ(PDF)
    JARUS-ⅩⅣR型の設計指針
    JARUS-ⅩⅣR型の設計指針の正誤表(PDF)
    JARUS-ⅩⅣR型の維持管理マニュアル


     流量調整槽とばっ気槽の間に最初沈殿槽(滞留時間は3時間以上)を新たに設置し、ばっ気槽と沈殿槽の負荷を軽減します。
     ばっ気槽の小型化(有効容量をⅩⅣG型の日平均汚水量の18時間分に相当する容量以上から16時間分に相当する容量以上に変更)を図ってます。
     沈殿槽の小型化(滞留時間を4時間以上から3時間以上に、水面積負荷は500人までは8m/m・日、500人を超える部分は15m/m・日以下を処理対象人口にかかわらず、20m/m・日以下に変更)を図ってます。
     改築向けに活用されてきたⅩⅣG型に代わる、より安価な処理方式です。
        ◎ 処理対象人口:101~10,000人
        ◎ 処理系列  :4系列(改築向け)


    ● JARUS-ⅩⅣR型のフローシート(例)


    ● JARUS-ⅩⅣR型の放流水における計画処理水質
    BOD
    (生物化学的酸素
    要求量:mg/L)
    SS
    (浮遊物質量
    :mg/L)
    COD
    (化学的酸素要求
    量:mg/L)
    T-N
    (全窒素:mg/L)
    10以下 15以下 15以下 30以下