農業集落排水事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

集落排水事業関連

HOME > JARUSの活動 > 農業集落排水事業関連 > 官民連携新技術研究開発事業

官民連携新技術研究開発事業(令和4〜7年度)

 

 一般社団法人地域環境資源センターは、一般社団法人日本有機資源協会(JORA)と新技術研究開発術組合を組織し、令和4年度から4年間、農林水産省の補助事業である「官民連携新技術研究開発事業」を活用して、農業集落排水施設に太陽光発電(創エネ)、蓄電池(蓄エネ)、省エネ技術等を導入し、平常時及び非常時を通じたエネルギー最適利用について着手しました。
 本事業では、既存の集排施設に太陽光発電や蓄電池、省エネ技術等を一斉に導入し連動させることで、“鷯鏤(停電時)の最低限の運転に必要な動力源の確保、∧疹鏤の維持管理負担の軽減、2梗叱果ガス排出量削減に資するエネルギー最適利用システムを研究開発するための実証等を行うものです。
 この度、本実証試験を実施するための集排施設(処理区)を公募いたします。
 なお、実証に必要となる経費(設計費、工事費、調査費等)は、当センターが原則負担します(ただし、市町村職員の人件費を除く)。

 

〇 集落排水施設エネルギー最適利用システムの実証
 ・事業概要(PDF)
 ・公募パンフレット(PDF)
 ・公募要領(PDF)
 ・応募様式(Word)

1.公募の期間
 令和4年7月20日(水)〜9月16日(金)17:00 までとします

2.説明会の開催
 本事業に関する説明会を以下のとおり開催します
 (1)日時:令和4年8月9日14時〜
 (2)場所:WEB 方式で開催する予定
 (3)申込方法:8月3日までに「4.問合せ先」にメール等でご連絡ください
 ※タイトルを【説明会参加申し込み】とし、市町村名、部署名、担当者氏名、連絡先
  (TEL、メールアドレス)をご記載ください

3.申請書類の提出期限等
 (1)提出期限:令和4年9月16日(金)17:00必着
 (2)提出先: 〒105-0004 東京都港区新橋5-34-4 農業土木会館内
          一般社団法人 地域環境資源センター 集落排水部
          E-mail:

 (3)提出書類:集排施設エネルギー最適利用システム実証提案書(応募様式)……… 1部

4.問合せ先
 一般社団法人地域環境資源センター
   集落排水部 松田(まつだ)、是川(これかわ)、小笠原(おがさわら)、光田(みつだ)
   電話:03-3432-6282(受付時間帯:10時〜17時(土日祝日除く))
   E-mail:

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ