農業集落排水事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

集落排水事業関連

HOME > JARUSの活動 > 農業集落排水事業関連

集落排水・JARUSミーティングの開催
(民間企業向け)


〔趣旨〕
 農村地域の汚水処理を担う集落排水施設は重要なインフラとして全国で約5,100箇所の施設が稼働しています。このように多くの地域で導入が進んだ背景には、市町村のご理解をはじめ民間企業の集落排水事業への技術開発とご協力が大きかったと考えています。

 集落排水事業は創設から約30年が経過し、施設の老朽化や維持管理費の低減など様々な課題に直面しています。

 そこで、課題解決に向け、民間企業を対象にした『集落排水・JARUSミィーティング』を開催するものです。本ミィーティングでは、最新の集落排水事業の状況各回で設定したテーマを共有しながら、JARUSと民間企業の意見交換を行います。このような場を活用して、民間企業とJARUSの更なる協力体制を構築し、民間企業の最新技術により集落排水施設の持続的な機能発揮を実現したいと考えています。

 

〔第1回 集落排水・JARUSミーティング〕
テーマ:  農林水産省補助事業「小規模メタン発酵システムの実証」
日 時:  平成29年9月25日(月)14:30〜17:30(受付開始:14:00から)
場 所:  地域環境資源センター 会議室(農業土木会館6階)最大20名程度
   (〒105-0004 東京都港区新橋5丁目34番4号)
対象者:  集落排水に関係する民間企業メーカー等
参加費:  無料
参加要件:  下記 ミーティング内容 1〜2.は特段の要件なし
    3〜4.はJARUS賛助会員又は招待者のみ

 

〔ミーティング内容〕  
1. 主催者 挨拶(JARUS) 14:30〜14:40
2. JARUS説明(質疑含む) 14:40〜15:40
  (集落排水施設の現状、農水省補助事業「集落排水施設効率性向上実証事業」等)
  (休憩:会場設営      10分程度) 15:40〜15:50
3. 会員・賛助会員による意見交換会  
  (1)テーマの詳細説明(質疑含む) 15:50〜16:20
  (2)今後の集落排水施設の課題解決に向けた意見交換 16:20〜17:30
4. その他 17:30 終了
  懇親会(会費制) 終了後
参加要件無し
全社参加可能
賛助会員、
招待者のみ

 

検討している今後のミーティングのテーマ(例)
集落排水施設のストックマネジメント、ディスポーザ、遠隔監視、低コスト汚水処理方式 など(定期的に開催予定)

 

〔参加申込み方法〕
 別紙「申込書(PDF)」を参照の上、申込み下さい。不明な点がある場合は、担当者まで連絡下さい

 

一般社団法人 地域環境資源センター 集落排水部
 中邨(なかむら)、柴田(しばた)、大瀧(おおたき)
   電話: 03-3432-6282  FAX: 03-3432-0743

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ