農業集落排水事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

集落排水事業関連

HOME > JARUSの活動 > 農業集落排水事業関連 > 災害対策応援体制について >

令和2年7月13日

「令和2年7月豪雨」の対応について(第2報)


 令和2年7月6日に設置された「災害対策支援本部」では、「令和2年7月豪雨」に係る情報収集等を実施しており、今後、支援要請等があれば、被災していない協定参加者とも連携しながら、支援等を行う予定にしておりますので、随時ご相談ください。
 なお、情報の錯綜を防ぐため、「農業集落排水施設災害対策応援に関する協定」のとおり、関係機関(都道府県、市町村、県土連等)との十分情報の共有を図るようお願い申し上げます。

 以下は、7月6日の第1報内容の再掲となります。
  〆匈価亜      痛槓圈孱押セ前準備」
  ∈匈恩紂陛面)  …本編「3.初動対応」、「4.応急汚水処理対策」
  災害後(復旧工事)…本編「5.施設復旧対策」、「6.風水害対策のための施設整備」
   ※ P58「5.5 施設復旧計画・設計上の留意点」において、洪水により被災した対象施設の復旧では、浸水対策も復旧の対象としています。

<参考>
 ○農業集落排水施設災害対策応援に関する協定について
 ○協定参加者一覧
 ○農業集落排水施設風水害対応の手引き(本編)(PDF:約4MB)
 ○農業集落排水施設風水害対応の手引き(参考資料)(PDF:約4MB)

−お問い合わせ先−
 (一社)地域環境資源センター
 集落排水部企画調整班 蒲地
 TEL:03-3432-6282
 FAX:03-3432-0743

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ