農業集落排水事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

集落排水事業関連

HOME > JARUSの活動 > 農業集落排水事業関連 > 災害対策応援体制について > 「平成28年熊本地震」に係る対応について

「平成30年7月豪雨」に係る対応について(第2報)


 平成30年7月豪雨の被害状況を把握と復旧に関する技術指導を行うため、平成30年7月19日(木)に鳥取県智頭町の集落排水施設へJARUS職員1名を派遣しました。
 現地では、洪水で接続管路が破壊され、汚水が流れ込まない状態が続いている集落排水施設において、
・OD槽内の微生物が滞留しない程度の撹拌で間欠ばっきを行うこと
・管路の接続工事が終了し汚水が流入すると、OD槽に発泡することが予想されるが、OD槽内の発泡が多くなっても酸素供給を止めないこと。発泡は一時的なもので処理が進行すれば発泡は収まること。
 を行っております。
・沈殿槽は汚泥返送ラインを運転し、汚泥が滞留しないようにすること
等の指導説明を行いました。
 今後とも引き続き、本豪雨災害の復旧に対応してまいりますので、復旧方法の相談、復旧後の運転方法等お困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

被災状況の確認 接続管路が破壊された集落排水施設
 
水質の確認及び運転指導  

<参考>
 ○農業集落排水施設災害対策応援に関する協定について

 ○協定参加者一覧

−お問い合わせ先−
 (一社)地域環境資源センター
 集落排水部企画調整班 松原
 TEL:03-3432-6282
 FAX:03-3432-0743



このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ