農業集落排水事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

集落排水事業関連

HOME > JARUSの活動 > 農業集落排水事業関連 > 汚水処理施設 > 紫外線消毒技術

−放流水域に残留塩素等の制限要因がある場合の解決策−


 当センターでは、従来の塩素剤を用いた消毒装置の代替技術として、紫外線(UV)を用いた消毒装置を適用した農業集落排水施設の共同開発(大臣認定)を民間企業と推進しています。
 本紫外線消毒装置は、放流先である公共用水域において、残留塩素による影響が危惧される地区での採用が期待される装置で、流水路に紫外線消毒ランプを設置するだけのシンプルな構造です。
 これまで、JARUS-将96型及びJARUS-将G型について、それぞれ平成16年6月に「JARUS-将96型(紫外線消毒装置付)」、平成17年10月に「JARUS-将G型(紫外線消毒装置付)」の大臣認定を受けています。
 この装置は日本下水道事業団の民間開発技術審査証明書を取得しています。


● 紫外線消毒装置の概要


● 処理フローの変更点


項目 装置写真、仕様等
装置
設置方法 開水路浸漬型又は密閉流通型条件
性能 紫外線透過率60%以上(条件:SS濃度15mg/L以下)
基本的な構成 紫外線消毒装置モジュール、制御監視盤、制御システム、
紫外線照度センサー等
その他 ・ ランプの点灯時間、点灯不良(ランプ切れ)、装置故障等が確認できる構造
・ 紫外線照度、又は初期照度に対する相対照度等をモニターできる構造


● 各紫外線消毒装置の概要
会社名項目 (株)西原環境 千代田工販(株) 岩崎電気(株) 水ing(株)
評価取得期間
年月日
番号
日本下水道事業団
平成7年4月26日
第606号
日本下水道事業団
平成8年5月10日
第701号
日本下水道事業団
平成9年4月14日
第803号
日本下水道事業団
平成5年4月26日
第402号
SS15mg/Lにおける
254nm紫外線
透過率(%)
60 60
(COD; 14mg/L)
62 60
ランプの種別、
照射時間及び
交換推奨時間
低圧水銀ランプ
7.5秒
13,000時間
低圧水銀ランプ
FOH2.5〜1.7秒
FGH3.0〜0.9秒
9,000時間
低圧水銀ランプ
EP(O)UD7.2秒
14,000時間
中圧水銀ランプ
0.73秒
8,000時間
設計紫外線照射量
(mW・s/cm2)
26 FOH23.8FGH31.3 15.6 19.2

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ