平成28年度 農業農村工学会資源循環研究部会研究発表会の開催案内

2016.6.8 聴講申込締切延長
 農業農村工学会資源循環研究部会では、資源循環技術の発展に関心を寄せる方々の交流を目的として研究発表会を開催しています。
 バイオマスエキスポ内での開催となっておりますので、産官学それぞれの取組みに触れる好機になると考えますところ、資源循環技術の更なる発展のため、皆様、ふるってご参加下さい。


1 日 時 平成28年6月16日(木) 13:00~16:30(予定)
2 会 場 東京ビッグサイト
 スマートコミュニティ2016 C会場(バイオマスエキスポフォーラム内) 会場図(PDF)
3 主 催 農業農村工学会 資源循環研究部会
4 プログラム  Ⅰ 基調講演
   農林水産省農林水産技術会議事務局研究調整官 柚山 義人 氏
    
  Ⅱ 事例報告
   ① 「農業集落排水施設における省エネ実証調査の報告
     -平成27年度実証調査報告及び平成28年度の調査概要-」
         (一社)地域環境資源センター 山口 康広 氏
   ② 「無機態窒素自動モニタを用いたPLCによる間欠曝気制御」
         株式会社ヤマト 住谷 敬太 氏
   
  Ⅲ 研究発表
   ① 「稲副産物を活用した建設材料の開発における二酸化炭素排出量の試算
     -もみ殻ガス化コジェネレーションシステムを事例として-」
         新潟大学大学院自然科学研究科 島本 由麻 氏
   ② 「酪農地帯におけるバイオガスプラント副原料の広域収集の検討」
         (国研)土木研究所寒地土木研究所 中山 博敬 氏
   ③ 「漁業集落排水施設のストックマネジメント」
         株式会社データ設計 熱田 高一 氏
   ④ 「農業集落排水施設における回転棒による汚泥濃縮装置の実証試験」
         (一社)地域環境資源センター 佐藤 進 氏
   
    ※プログラムは変更する場合があります。
5 参加申込  ・申込方法:
   聴講申込書(Word)を電子メール又はFAXにより下記申込先までお送りください。
   なお、資源循環研究部会未加入の方は聴講申込と同時に入会届(Word)も提出できます。
   (資源循環部会会員は、入会金、年会費とも無料です。)

 ・申込期限:
   平成28年6月14日(火) ※延長しました(定員になり次第締め切り)

 ※会場への入場にはマートコミュニティJapan2016への入場事前登録(無料)が必要となります。
  お手数をお掛けいたしますがスマートコミュニティ Japan 2016公式サイトより登録手続きをお願いいたします。
6 費 用  ・聴講費用:
   農業農村工学会会員/資源循環部会員 2.000円、学生 1,000円、一般 3,000円
    ※聴講費用は、当日の混乱を避けるためなるべく振込をお願いします。

 ・振込口座及び振込期限:
    みずほ銀行 浜松町支店 普通預金2220983
    口座名義:農業農村工学会 資源循環研究部会
7 定 員 90名(先着順)
8 CPD登録 本発表会は、農業農村工学会技術者継続教育機構の技術者継続教育(CPD)プログラムとして認定申請中です。
農業農村工学会技術者継続教育機構に個人会員として登録されている方は、当部会から農業農村工学会技術者
継続教育機構へ認定プログラムへの参加報告をいたしますので、申込書の所定の欄に会員IDをご記入ください。
9 申し込み・
問い合わせ先
農業農村工学会 資源循環研究部会
  事務局: 一般社団法人 地域環境資源センター
         集落排水部 企画調整班 (担当:池頭、大瀧)
         〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号
         TEL.03-3432-6282、FAX.03-3432-0743、E-mail: