バイオマス利活用事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

JARUSの活動

HOME > JARUSの活動 > バイオマス利活用事業関連 > バイオマスタウン形成促進支援 - バイオマスタウン形成促進支援調査事業 > 人材育成

バイオマス利活用事業関連

バイオマスタウン形成促進支援-バイオマスタウン形成促進支援調査事業

人材育成

的確なバイオマス利活用を実現するためには、利活用のビジョンである「バイオマスタウン構想」について広く見渡し、庁内や地域の関係者の意見調整を行う人材や、そのアクションプランである「事業計画」を実現に移すための協力体制を構築したり、具体的な課題を解決したりしていくためのノウハウを持つ人材が必要です。
そこで、バイオマスタウン構想やバイオマス利活用施設の事業計画作成に必要な知識・ノウハウ等を習得するための各種研修プログラムを用意しています。

バイオマス利活用中央研修会

写真:現地研修と講義バイオマス利活用に取り組んでいる、またはこれから取り組もうとする市町村等の職員を対象に、各分野を代表する学識経験者等による講義と美浦実験研修センターでの実証プラントの現地研修を行います。

バイオマス利活用地域研修会

写真:施設の現地調査バイオマス利活用に取り組んでいる、またはこれから取り組もうとする市町村等の職員を対象に、全国の先進的な取り組みを行っている市町村において、取り組みの紹介、施設の現地調査、意見交換などを行います。

バイオマス塾

写真:個別指導と現地研修これからバイオマスタウン構想を策定しようとする市町村、またはバイオマスタウン構想に基づきバイオマス利活用施設整備事業の実施を予定している市町村の職員10名程度を対象に、JARUSの研究員が指導員となって、バイオマス利活用事業の計画策定技術の研修を行います。
1年間をかけて、JARUSで行う集合研修やJARUS職員が直接現場へ出向いて行う個別指導等を組み合わせた実践的な研修を行い、市町村の職員自らがバイオマスタウン構想案等を報告書として取りまとめます。

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ