バイオマス利活用事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

JARUSの活動

HOME > JARUSの活動 > バイオマス利活用事業関連 > バイオマスタウン形成促進支援 - バイオマスタウン形成促進支援調査事業 > 農村地域に適したバイオマス変換システムの検討

バイオマス利活用事業関連

バイオマスタウン形成促進支援-バイオマスタウン形成促進支援調査事業

農村地域に適したバイオマス変換システムの検討

バイオエタノール糖化・発酵槽
(写真提供:東京大学 五十嵐泰夫教授)農村地域におけるバイオマス利活用の一層の促進を目指し、バイオマスの変換・製造物として利活用範囲が広く、近年、技術開発等の進展が著しいバイオエタノールに注目。JARUS美浦実験研修センターで実証試験を行っている農業集落排水施設と連携したメタン発酵施設や木質ガス化施設とバイオエタノール燃料製造施設との組み合わせ等、農村地域に適した総合的なバイオマス変換システムについて検討しています。
この検討においては、バイオエタノールの変換・製造工程で発生する残さ・廃液等の農村地域に適した経済的な利用・処理が重要となっており、JARUS美浦実験研修センターに実験室を設置し、分析・実験等を行っています。

農村地域における総合的なバイオマス変換システムの検討

農業集落排水施設と連携したメタン発酵施設、木質ガス化施設の実証モデル図

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ