バイオマス利活用事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

JARUSの活動

HOME > JARUSの活動 > バイオマス利活用事業関連 > バイオマスタウン形成促進支援 - バイオマスタウン形成促進支援調査事業

バイオマス利活用事業関連

バイオマスタウン形成促進支援-バイオマスタウン形成促進支援調査事業

バイオマスタウン構想の策定から具体的な施設設備の建設までを着実に実施するため、JARUSでは次の取り組みを行い、市町村等を支援しています。

メタン発酵施設実証試験

農業集落排水施設から発生する汚泥と当該集落の生ごみを合わせてメタン発酵を行うことにより、建設コストの縮減や維持管理費の大幅な縮減を目指します。

詳細はこちら

メタン発酵消化液の農地還元実証試験

地域資源循環の環を形成する等の観点から、消化液を液肥として農地に還元する技術の確立を図ります。

詳細はこちら

木質ガス化施設実証試験

より低コストな技術を開発し、農業集落排水施設と木質ガス化施設の複合的な利用方法を確立します。

詳細はこちら

農村地域に適したバイオマス変換システムの検討

農業集落排水施設と連携したメタン発酵施設や木質ガス化施設との組み合せ等、農村地域に適した総合的なバイオマス変換システムについて検討しています。

詳細はこちら

人材育成

バイオマス利活用施設の事業計画作成に必要な知識・ノウハウ等を習得するための各種研修プログラムを用意しています。

詳細はこちら

技術支援

バイオマス技術の専門家からなる「バイオマス事業地区技術支援委員会」を新たに設置運営するなどして、バイオマス利活用地区への技術支援を行っています。

詳細はこちら

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ