バイオマス利活用事業関連|バイオマス技術、集排のことなら一般社団法人地域環境資源センター(JARUS)へ

JARUSの活動

HOME > JARUSの活動 > バイオマス利活用事業関連 > バイオマスに関する基本情報 - 計画立案から事業実施に至るまでの流れ

バイオマス利活用事業関連

バイオマスに関する基本情報-計画立案から事業実施に至るまでの流れ

バイオマス利活用施設を整備するにあたっての計画立案から事業実施に至るまでの流れを示します。

Step1 可能性確認 

  • バイオマスタウンの形成とは何かの確認
  • 検討すべき重点事項は何かの明確化
  • 策定の可能性についての確認

Step2 策定準備

  • バイオマスタウン構想の基本的な考え方の明確化
  • 構想策定体制の整備
  • 必要となる基礎情報の収集

Step3 基礎検討

  • 地域状況の確認
  • 既存量や利用状況の把握と需要先の確保
  • 利活用方策の検討(複数代替案の比較検討)
  • 長期目標(将来像)の検討
  • 達成目標の具体化

Step4 構想まとめ

  • バイオマスタウン構想のとりまとめ
  • 関係者との合意形成
  • 重点事業の絞込みと進め方の検討
  • 取り組み工程の具体化

Step5 事業計画の策定

  • 健全な物質循環の確保を前提とした調査及び施設整備計画の策定等

Step6 設計・施工一括発注(性能発注)

  • 実施設計と施工を一括して性能仕様に基づく発注

Step7 実施設計

  • 性能仕様の基づく詳細設計

Step8 工事着工

  • 実施設計に基づく適正な施工及び性能の確保

Step9 維持管理

  • 定期的なメンテナンス、保守管理等

JARUSでは、バイオマス利活用計画策定・施設発注等の支援を行っています。
JARUSの支援業務についてはこちら

このページの先頭へ

JARUS | 一般社団法人 地域環境資源センター TEL:03-3432-5295 FAX:03-3432-0743 〒105-0004 東京都港区新橋五丁目34番4号

お問い合わせ